コーチング

COACHING

コーチングの取り組みについて

弊社では、個人の能力が最大限発揮できるように、プロのコーチを招いての「コーチング」を導入しております。 通常「自分の背中は自分で見ることはできない」と言われるように、自分について気付くためには、誰か第3者による目が必要です。コーチはこの“第3者の目”になり、本人が自ら様々な事に気付いていけるよう導いていきます。

 受講者の声

組立課 30代男性 T.F

私も希望して受講していますが、大変に意義深いものだと思っています。 悩み相談、問題解決の一環ではありますが、スタンスとしては「飢えた人に魚を取ってあげる」のではなく、「飢えた人に魚の取り方を教える」という体で、最終的解決は自ら行うという感覚が強いものです。 自分で行うので、やり遂げた時の達成感も大きいですし、うまくいかなくても、あくまでそれは自分の責任だから、人を恨んだりせず、後腐れなく次に進むことができます。受講することで結構色々と吹っ切れた部分が多く、毎回勉強させていただいています。
こんな風に書くと、堅苦しい印象ですが、先生はあくまでライトでポジティブに話してくれるので、私もついつい楽しく話し込んでしまい、時間オーバーになってしまうことも時々あります。受講して職場に戻ってくると、結構仕事が溜まっているというのが、目下の悩みです( 笑)

組立課 30代男性 M .R

仕事が忙しく、仕事以外の社内での出来事について、組立課内で相談する時間がなかなかないので、専用で相談できる時間がいただけるのは良いと思います。 コーチから色々アドバイスをいただくので、「こんな考え方があるんだ!」と気付くことが多く、自分で悩んでいるより、ずっと解決しやすくなりました。
普段、課題を立てて仕事をしていくことがなかなか難しいのですが、コーチが個人に合わせた課題を立ててくれるので、明確な目標ができて取り組みやすくなりました。でも、今後は自分で課題を立てていけるようになりたいと思っています。